1日使い捨てタイプのメリットとデメリット

コンタクト通販を利用するなら予備知識として、商品のタイプ別のメリットやデメリットなどについて覚えておきましょう。

1日使い捨てレンズは、毎日取り替えるのでとても衛生的で、酸素透過性が高いレンズも多いので、目への負担も軽減されます。このような特徴を持っているがためにケアがほとんど不要で、スポット的にコンタクトレンズを利用するという人にはピッタリの商品です。スポーツの時、コンサートで遠くを見る必要がある時など、場面を考えて上手に利用すればその恩恵を十分に受けることができるでしょう。

逆にデメリットとしてコストパフォーマンスがやや悪く、他のタイプのコンタクトレンズに比べて費用がかさみやすいという欠点があります。

1週間使い捨てタイプのメリットとデメリット

1日使い捨てタイプのレンズの欠点を補うようなタイプであるのが1週間使い捨てレンズです。

1日使い捨てタイプの欠点であったコスト面や連続装用という部分を補っているタイプで、このタイプのコンタクトレンズは名前の通り1週間連続して装用することができます。寝る時もレンズをつけたまま寝るので、手間がかからずケアも不要となっています。

しかし、連続装用する分目への負担が大きくなって、一時は利便性の高さから愛用する人も多数いましたが、現在では目への負担が懸念され利用している人は減少傾向にあります。また、酸素透過性も1日使い捨てタイプに比べて悪くなっている点もしっかりと把握しておきましょう。

これらのメリットとデメリットを把握してコンタクト通販を利用したいところです。